症状について

むち打ち

テイクアンドケア・すずき整骨院

頭痛やめまい首を動かしたときに痛みがある「頚椎捻挫症型」。足のしびれやだるさ、後頭部の痛みなどを伴う「根症状型」。頭痛、肩・首のコリ、めまい、耳鳴り片方の顔の痛みなどがある「バレーリュー症候群型」。指先のしびれや知覚異常、歩行障害などが見られる「脊髄症状型」。体の各所の痛み、視力、聴力の低下、不眠、うつなどの脳神経症状が認められる「脳髄液減少型」。
このように、むち打ちにはいくつかの種類があります。どの症状も放っておくと重大な後遺障害となってしまう可能性があります。まずは「アイシング」「高周波の低刺激電気」によるマッサージなどで、痛みの軽減を第一に行いましょう。痛みが少なくなってきたら、温め、ほぐしなどのアプローチを行います。当院ではむち打ちの症状だけでなく、事故による体のゆがみも矯正することで、根本からの改善を目指していきます。

打撲

テイクアンドケア・すずき整骨院

打撲を受けると、肌が炎症を起こして赤くなったり、青くなって腫れ上がるなどの症状が見られます。処置の基本である「RICE(Rest:安静、Ice:アイシング、Compression:圧迫、Elevation:挙上)処置」により、改善を目指します。強く打ちつけてしまった箇所については安静が必要ですので、電機療法、鍼灸施術、包帯による圧迫などで対応します。腰やお尻などを強く打撲してしまうと、通常歩行も難しくなり、痛みをかばおうと姿勢が崩れ、他の場所にも影響が出てしまうので、注意が必要です。頭を打ってしまった場合は、痛みがなくとも、一度病院での精密検査を受けてください。

営業時間
9:00~12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※水曜日・土曜日は15:00~17:00です。

後遺障害

テイクアンドケア・すずき整骨院

後遺障害とは、「何ヶ月も痛みが続いている・関節の可動域が改善されない・体のゆがみが戻らない」状態のことを指します。特にむち打ちは、首の痛みと思われがちですが、実際は背中にもダメージがあります。放っておくと神経が圧迫されてしまい、手足にしびれが残ることがありますのでご注意ください。また、後遺障害としてよく認定されるものとして、骨折後に骨が曲がったままくっついてしまった「変形治癒」などがあります。骨の変形を元に戻すには手術が必要になります。そうなる前に、しっかりと施術、検査を受けて未然に防ぎましょう。後遺障害は施術やリハビリなどで改善を見込めますが、痛みがないからと言って施術、リハビリを途中でやめてしまう方が多くいらっしゃいます。痛み、体の動きが根本的に改善されるまでは、しっかりと施術、リハビリを継続することを強くおすすめします。

© すずき整骨院 テイクアンドケア